無事に育って欲しいという願い

子供の成長を祝う行事として古くから執り行われている七五三ですが、子供が三歳、五歳、七歳になった年の11月15日にお祝いするのが慣例となっています。
しかし、七五三の意味や由来を今まであまり気にしたことがありませんでした。そもそもいつお祝いをするのか、またその意味や起源は何なのか、気になってみたので調べてみました。
※以下”https://bbth.co.jp/kisste/753-yurai”より転載させていただいています。

七五三の起源や由来とは?

平安時代においては、3歳の男女がおこなう、それまで剃っていた髪を伸ばし始める「髪置きの儀(かみおきのぎ)」、そして5~7歳になると初めて袴を身につける「袴着の儀(はかまぎのぎ)」あるいは「着袴の儀(ちゃっこのぎ)」という儀式がありました。

また、鎌倉時代には、着物を着る際に紐ではなく帯を結ぶようになることをお祝いする「帯解の儀(おびときのぎ)」という儀式が執り行われていました。

江戸時代になると、髪置きの儀が男女における3歳のお祝いとなり、袴着の儀が男の子のみの風習として制定されました。

なお、帯解の儀は室町時代では男女ともに9歳で行われていましたが、江戸時代末期から男の子は5歳、女の子は7歳になるとおこなうように変わりました。

このような室町時代からおこなわれていた儀式が江戸時代になると、武家や裕福な商人たちの間でおこなわれるようになり、明治時代にはこれらの3つの儀式をまとめて「七五三」と呼ぶようになりました。

そして徐々に庶民の間にもこのようなお祝いごとが広まり、今の七五三を形作りました。

ちなみに、11月15日に七五三のお祝いをするようになったのは、徳川家光が自身の子供である、後の徳川綱吉の健康のお祈りをした日にちが関係しているようです。

お祈りをしてもらった綱吉はその後、元気に育ったことから、この日にちを七五三をお祝いする日として定められたという経緯があります。

七五三の意味とは?

現代のように、医療が発達していなかった時代では幼い子の死亡率がとても高く、「7歳までは神の子」と言われていました。

このことからも分かるように、当時は7歳まで元気に成長することが当たり前ではありませんでした。

言葉を理解し始める3歳頃から乳歯の生えかわりがある7歳頃までは、成長に伴って、特に病気になりやすい年齢であると考えられていたため、子供の健やかな成長をお祈りするための行事として七五三の儀式がおこなわれていたのです。

その名残りとして現代でも七五三の儀式があります。

七五三は、子供が無事に育っていることへの感謝を伝え、また、これからの成長を願う意味があると言えるでしょう。

男女の差はあるの?

七五三では男の子と女の子で、お祝いをする年齢が異なります。

3歳では男女ともにお祝いをおこないますが、5歳では男の子だけ、7歳では女の子だけがお祝いをおこなうと決められています。

この年齢は、平安時代において、男女ともに髪を伸ばし始める時期の髪置きの儀式、男の衣服である袴を着始める袴着の儀式に加え、女の子が初めて本格的な着物の帯を締め始める帯解の儀式が関係しています。

3歳では同じお祝いですが、5歳と7歳の時にはそれぞれ男の子と女の子の伝統的な儀式がおこなわれていたため、現代でもその儀式に沿った年齢によって、それぞれお祝いがおこなわれているのです。

七五三は何をするの?

3歳の時には男女ともに、5歳では男の子のみ、また、7歳では女の子のみが11月に神社にお参りに行きます。

お参りに行く神社は自宅近くの神社でも、自宅から離れたところにある大きな神社に足を運んでも構いません。

また、日にちも11月15日だけでなく、祝日や日曜日など、10月末~11月中の都合の良い日にお参りに行っても問題ありません。

子供は着物を着てお参りし、場合によっては御祈祷をしてもらう方もいます。

また、お参りが終わったら親戚や近所の方に挨拶回りをしたり、食事会を開くことも多いようです。

最後に

いかがでしたでしょうか。
平安時代から続く習慣だったのは驚きでした。長く続いている習慣はそれでけ支持されているものなのでしょう。 地域や時代によって多少変わることはあるでしょうが、これからも子の成長を想う親の気持ちは不変であって欲しいと思います。そして思い出を形にして残しておけば、毎日それを見るたびに幸せな気持ちになりますよね。ぜひオリジナルマグカップも一度利用してみてください。皆様の幸せの一助になれれば幸いです。

七五三 オリジナルマグカップ【簡単】【写真・お名前を入れられる】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA